パソコン教室ではパソコンができるようにならない

パソコン教室に通った経験のある方の方が分かりやすいかもしれません。

パソコン教室は有料です。
講座を修了した人には何らかの分かりやすい成果が必要です。

そのため、どの講座を見ても分野がとても限定的です。

Excel(表計算)やWORD(文書作成)のソフトの操作ができるようになるだけです。

そもそものパソコンやインターネットの仕組み、セキュリティについて教えてくれるところはあまり見かけません。

何故なら儲からないから。

○○が取得できる という方が受講生が集まります。

パソコンやインターネットの基礎知識は該当する資格がほとんどなく、成果が見えにくいんです。

例えばITパスポートという国家資格がありますが、前述の知識だけでは足りません。

.comMASTERという民間資格がありますが認知度が若干低いため、あまり人気がありません。

しかし、IT業界に就職・転職するとこれらの知識を一番最初に研修でやると思います。

この研修がまた分かりにくい。

詳しい人が必ずしも教えるのも上手いわけではないためです。

興味があってどんどん学習できた人は「分からない」というシーンに合わなかったため、初心者の「分からない」ところがわからないんです。

私も大変苦労しましたが、私はそのときの「分からない」ところを覚えていますので、
そこを噛み砕いてお伝えできればと思います。

パソコンができるようになる ということ

パソコンができる ということを考えてみます。

あなたがイメージするのはどんなことでしょう?

 ①パソコンを不自由なく操作できる
 ②パソコンを部品から組み立てられる
 ③プログラミングができる

全部できればいいと思います。

ただ、一般的なイメージは①になると思います。
例えばパソコンで資料を作ったり、写真を加工したり・・・

学校教育がプログラミングに向いているのが
ちょっと理解できません。

そんなことより先に教えるべきことがたくさんあると思うんです。

プログラミング教育の義務化が始まってどう
なるか、見てみないとわかりませんが、
例えばディスプレイ上で蝶々を動かせるとか
それが何の役に立つのでしょう?

多分楽しみながらパソコンに触れる という
ことなんでしょうけど・・・楽しいんでしょ
うか?

まだお絵描きの方が理解できます。

今やパソコンを使わないで済む職業の方が
少なく、パソコンに不慣れなまま就職活動を
迎える人が多いので、若いうちからパソコン
に触れるのはいいことだと思います。

しかし、一番最初にやることはパソコンの
基本操作と基礎知識だと思います。

このブログで可能な限り分かりやすく説明して行きたいと思います。